Top >  引越しについて >  梱包の仕方でえらい違う

梱包の仕方でえらい違う

いままでなんどか引越しを経験してきましたが、一番大変な思いをしたのは、ふたり暮しをしたあと、結婚を前に引越しをした時でした。 困ったのは業者ではなく、二人梱包に関する意見の食い違いでした。 梱包仕方ひとつとってもあそこまで違いが出るかというほど、食い違い、荷物をまとめるのに一苦労でした。 食器は新聞紙で包む物だと思いますが、同居人はそのまま梱包しだし隙間に新聞紙を入れるやり方でした。食器は割れ物なので気をつけたいと私が言えば、すぐ使うものだから簡単な梱包がいいと言われました。 ほかには、本をギュウギュウに詰めたダンボールを作ったり、衣服と雑貨をわけずに梱包したり、挙句ダンボールが足りず引越し直前の朝に、スーパーからダンボールを調達したりと、とても大変な思いでした。 ただの愚痴の様になってしまい申し訳ないのですが、ひとが一人増えれば梱包の仕方や考え方も様々で、そんなところを調整するのが一番苦労しました。 お願いした業者の方は、スムーズに仕事をこなしていただきましたので、そこは救われた思いです。 きちんと準備していても、思わぬところでつまずくこともあるのかというきがしましたが、大雑把な同居人を上手く扱えるかも、気持ちのいい引越しになるかもかかっているようです。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

引越しについて

関連エントリー

トイレの水が止まらなくなったので便利屋に頼みました ニトリの激安ベッド 思わぬマンションの隣人 派遣社員の私がするストレス発散不法 転勤族、引っ越しで注意したこと 業者に頼まずに引っ越し 引越しの不用品はお金にかえる 不用品があまり売れなかった 梱包の仕方でえらい違う 名古屋市から引越しました



引越し準備で見逃しがちなものは?
地域別引越し業者
相互リンク