Top >  引越しについて >  不用品があまり売れなかった

不用品があまり売れなかった

引越し作業で一番面倒だったのは、やはり不用品の処分でした。 引越し先はあまり収納の容量がなかったので、できるだけ荷物を減らす必要があったのです。特にたまりにたまった本や衣類、家具などをいかに安く処分するか、苦労しました。 まずはインターネットのオークションにかけて、どんどん売っていきました。これはDVDやゲームソフト、完結している漫画のセットなどは処分できましたが、あまりにインターネットで多く出回っている本や、ブランド品ではない服や小物などはほとんど売れませんでした。 そこで次は中古の本を専門に買い取っている業者に宅急便で送っていらない本をすべて買い取ってもらいました。ダンボールで三箱分ぐらいありましたが、1000円にも満たなかった記憶があります。 でも送料無料で引き取ってもらえるのですから文句は言えないですね。 衣類は激安でもう一度ネットに載せて、売れないものはあきらめて処分しました。 不要な家具は粗大ゴミに出せるもの以外すべて引越し屋のオプションで引き取ってもらうことにしました。いろいろ調べましたが、結局それが一番安かったのです。変な業者に頼んでトラブルになるのも困りますしね。 こうして不用品を処分するのに約一ヶ月かかりました。 捨てられない正確がこういう時災いします。いらないものは普段から整理して処分をすることが大事ですね。

引越し業者への引越し予約や見積もりは1社ずつだと大変なものです。
一括で見積もれる業者は複数ありますが、90社をわずかな入力項目で探せる
「引越し価格ガイド」がオススメです。

「引越し価格ガイド」
http://a-hikkoshi.com/

リサイクルなどの不用品の買取なら
リサイクルショップ一括買取の「RETOWN」がオススメ。

「RETOWN」
http://www.retown.jp/

引越しについて

関連エントリー

トイレの水が止まらなくなったので便利屋に頼みました ニトリの激安ベッド 思わぬマンションの隣人 派遣社員の私がするストレス発散不法 転勤族、引っ越しで注意したこと 業者に頼まずに引っ越し 引越しの不用品はお金にかえる 不用品があまり売れなかった 梱包の仕方でえらい違う 名古屋市から引越しました



引越し準備で見逃しがちなものは?
地域別引越し業者
相互リンク